スマホとカード

全国的に人気があるふるさと納税のおすすめ商品!

寄付のやり方

山と田畑

寄付先の自治体を決める

ふるさと納税をするためには、まずはじめに、寄付をしたい自治体を決めていきます。ふるさと納税というと、「自分の故郷にしか、寄付できないのじゃないの」と思っている人も多いでしょう。でもそうではなくて、この制度は、生まれ育った故郷以外にも、自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度です。ふるさと納税の目的は「地域に貢献すること」です。生まれ育った故郷はもちろん、親の故郷や今までに住んだことのある地域から旅行で好きになった地域など、「貢献したい地域」「応援したい地域」全国のどこにでも、寄付をすることはできるのです。寄付先の自治体が決まったら、ふるさと納税の申し込みをします。申し込みの方法は、ネット、郵送、FAXと、自治体によって違います。各自治体のサイトには、ふるさと納税のページがありますので、そこで確認して申し込みます。自治体を一覧で紹介する『ふるさと納税総合サイト』からも申し込むことができます。こちらは「自治体の紹介」や「寄付金の使い道」「お礼の品」などが、分かりやすく載っていて利用しやすいです。私が申し込んだものは、総合サイトからも自治体のページからも、ネットのフォーマットに入力するものがほとんどでした。中には、申し込み時にカードで寄付金を支払うことのできる自治体もあります。振込みに行く手間が省けるので、便利です。複数の自治体に寄付する場合は、それぞれの申し込み日、自治体名、返礼の品をメモしておくと、その後の手続きも混乱しなくて良いですよ。